toggle
2018-09-10

サルナシの予約販売のお知らせ

img_2304

 

毎年恒例、サルナシの収穫が今週末から始まります!

栽培期間中、農薬・肥料不使用の自然栽培で育てた、長野県麻績村産のサルナシです。

※完熟すると実がつぶれてしまう程柔らかくなってしまうため、まだ少し固く未熟なうちに収穫しています。1週間〜10日程ねかせて追熟させ、実がぷよぷよと柔かくなったころが食べ頃です。キウイと一緒で、リンゴなどと一緒に袋に入れて置いておくと、エチレンガスの効果で早く熟します。
さるなしは「幻の珍果」と呼ばれ,栽培が難しく収量が安定しないため、商業ベースでの出荷はほとんどなく市場にも流通していないので、一般にはあまりなじみのないレアフルーツだと思いますが、キウイフルーツと同じマタタビ科の植物で、日本の山にも自生しており、野生の木の実では一番美味だといわれています。名前の通り猿や熊の大好物らしく、猿が我を忘れてたべることからついた名前だとか。

img_2311
実は大きさは2〜3cmくらいで、見た目は表面に産毛の生えていないミニチュアのキウイの様。表皮はとても薄く、手でむくこともできますが、皮ごと食べても気になりません。
味もキウイに似ていますが、風味や香りはサルナシの方が強く、完熟した果肉には濃厚な甘みがあります。皮にかすかな酸味が在り、丸ごと食べるのが味にしまりがあってオススメ。個人的にはキウイより断然美味しいです。さらに、ビタミンCなどの栄養価がとても高く、タンパク質分解酵素を大量に含み、疲労回復、強壮、整腸、補血などの効能があるといわれるエナジーフルーツなのです。

今年度も予約販売を開始いたします。

おかげさまで毎年人気のため、お早めにご注文ください。
希少なレアフルーツです。是非この機会に一度ご賞味ください。
ご予約お待ちしております!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。

Twitter で、ふたごや農園を
   
関連記事

コメントを残す